スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ししゃも 

日記ししゃも絵


 今日ポップンフィーバーで見かけたししゃもです。ししゃもッてプレイキャラでも出来たンですよね。僕もやッてみたかッたのですが、何故か選択出来ませンでした。何でだろ?


 何気にチャム口調で。チャム以外がやるとキモイですね(^^;;
スポンサーサイト

KOF記ダイジェスト 

 前回のKOFプレイ記(今月4日)からかなり空きましたが、その間何回もプレイしてましたので、此処はどうしても書きたい事だけをピックアップして書こうと言う事でこのタイトルで……。


 まず今月6日から学校近くのゲーセンにKOFXIが“EASY MODE”として復活してまして、こんな僕でも割りと楽にプレイできるようになりました。
 で、基本はいつもの様にいつもの面子(真吾・拳崇・(京かアテナ))でやってみたりしてましたが、草薙流師弟対決の掛け合いも何度か見れたり、その真吾勝利版台詞が確か、
「草薙さん、どうッスか? ……って草薙さーん!?」
だったり(うろ覚え)、アテナ対拳崇の拳崇勝利台詞は確か、
「すまんな、アテナ 手加減したさかい」
だったりと(うろ覚え)大きな収穫を得ました。


 それからは真吾・拳崇を中心に色々なキャラも使ってみたり、他ゲーム以来のキャラを数年振りに使ったりも。
にしても、桃子のリ超の「えすぱ?!」って出だしこそ隙だらけですが、画面端でも充分届くっぽかったです。オズワルドのリ超のJOKERも意外と出しずらかったりします。溜め時間がまだ短かったのか、それ以降のコマンドがダメだったり?
 あと、シェンって結構使いやすかったりv 逆にラルフとクラークは使いづらかったり……。シェン同様結構好きなンだけどね……。


 XI以外のシリーズ(2001・2001・NW)では、サイソルチームでプレイしたり(2001)、オロチームから社・クリスを使ったり(シェルミーゴメン;;)(2002・NW)、真吾・京・柴舟による草薙流師弟トリオでプレイしてみました(NW)。


 いい加減大蛇薙系コマンド(バーニングSHINGOと醒眼来龍は大体コレ系)も使えるようにしたいです。


 では又。

マザー3プレイ記/拾漆 

 3週間振りの『マザー3』プレイ記です。
こんなに開けたのは今回(マザー3記)では初めてです。
以下、今月7日分のプレイ記です。


 緑ネンドじん――但しただの土人形版――を発見したしんごたち。ごろうは3年前にこの緑ネンドじんの中にひかりのタマゴを隠したのである。
 早速その緑ネンドじんからタマゴを取り出そうとしたその時、ごろうに落雷が! ごろうは無事でしたが、そのショックで緑ネンドじんが動き出して、そのままタマゴを持ったまま逃亡しました。ごろうはその落雷のショックで記憶を取り戻した様です。


 緑ネンドじんの後を追うしんごたち。そして彼らは「アイとヘイワのタワー」に到着しました。
 その中のネンドじん工場にてブタマスクに出会いましたが、彼らのおエライさんと勘違いされたしんごたちは、ブタマスク軍団の衣装を着せられました。まぁこれで割りと安心してこのタワーの先へ進めそうです。ちなみにしんごのみイカしたコスでした(笑)。
 タワーの入り口はブタマスクの戦車で塞がれてました。そばには口論となっているブタマスクの2人が……。


 あるブタマスクからうらカンポーなるヒーリング系アイテムをもらったら、又もや何か暖かいものを感じ取ったしんご。……と、ここで、
しんご「へんな いみじゃなく!」
と、しんごが台詞を言いましたが、コレってマスクの台詞な気がするのですが、バクでしょうかね?
 ネンドじん工場のプレゼント箱に、ブギウギのリズムがそのまんま凝縮された物が入ってるのがありました。コレって前にも似たようなものが……(レゲエとかサンバとか)。なるほど。
 しんごは又熱っぽくなって、それが直る頃には「ヒーリングβ」を会得してました。
 例の緑ネンドじんを再発見したしんごたちでしたが、その緑ネンドじんがごみ収集車の中に入ってしまいました! このままではタマゴも危ない!!(゜Д゜;;)


 急いでそのゴミ収集車の後を追うしんごたち。ハイウェイの上を通ってたのですが、今度はあのハイウェイの下にあずかり屋のおじさんがいました。嗚呼すれ違い……。
 更に進みますと今度はあのクラブ・チチブーのライブ会場にいたコワモテブタマスクとのバトルとなりました。この戦いでバネッサは「PKファイヤーβ」を会得しました。
 それからハイウェイのイヌにイヌようクッキーをあげました所、そのイヌからえんぴつロケットを貰いました。いい事はするモンですねv
 最後に、充電スタンドには一体何の意味が……?


 とりあえずこの日のプレイは此処までです。
では又。(^ω^)ノシ

マザー3プレイ記/拾陸 

 いよいよ第5章・『イカヅチの塔』スタートです!

 ハイウエイにあの預かり屋のおじさん(ニットキャップ)が通りかかってきましたが、こっちから呼びかけるのは不可能でした。
 4章でも見かけたなにやら大きな御殿の様なところの門番のブタマスクの台詞が面白かったので載せておきます。
「しーしし しーし しっしーししー。あっちいけ こども! アンド イヌ!」
前半“し”と伸ばし棒と撥音しか使ってませんね。あ、句点(。)もだ(そこまでかいな

 すぐそこの崖にてその崖によじ登ってるおじさんを発見しましたが、話は出来ませんでした。まぁそれ所じゃなさそうですしね。
 クラブ・チチブーにも顔を出しましたが、今はがら空きなライヴ会場にはなんとピック――ギター等を演奏するのに使う切れ端です。――が落ちてました。しかも喋りました。これぞマザー!! 以下はそのピックの台詞です。
「よごれじゃないよ ピックだよ」

 ようやく先へ進みますと、
途中バネッサとしんごが又例の熱っぽさに襲われましたが(バネッサに関しては2回も)、そのおかげでバネッサは「パラライシスα」と「ディフェンスダウンα」と「さいみんじゅつα」(2回目の発熱時)を会得し、しんごは「シールドα」を覚えました。
 アントンもようやく変装を脱ぎ捨て“イヌ”に戻りました。今の今までズ?ッと変装したまんまでした。
 3年前にごろうが掘ったと思われる穴の中へ入ってみますと、なんと物凄く広いではありませんか! その原因は工事作業員のヘルメット被ったモグラたちが掘ったからだと思われます。そういやこのモグラ、先程の店開いてたモグラと似ていましたね。

 今回のプレイでは“ひかりのタマゴ”は発見出来ませんでしたが、その代わりに実際のモグラに関するある知識をGETしました。それはその穴の中のある立て看板に書かれていました。それにはこう書かれていました。
(モグラが ダンジョンを? じっさい モグラのトンネルは すみかとして だけではなく エサとなる こんちゅうを まよいこませ ほかくする ためのワナ… つまり だんじょんと しても きのうしているのである。また そのながさについても そうえんちょうが 100メートルをこえる だいきぼのものも めずらしくない。きかいがあれば モグラを じっくり かんさつして みよう。)
以上です。

 このプレイも以上です。では又。

割りと古いチャム絵 

日記チャム絵

 今回から新カテゴリー・“絵”を追加しました。

 記念すべき(?)最初の絵は、ノート日記に初めて描いたチャムチャム絵です。
だいたい3ヶ月前ですが、何かこうかなり昔に描いたって感じがしないでもないです。
 今見ると眉毛の位置が上がりすぎな気がします。そして何か狙ってるような気もしないでもないです……。

 昔の絵って見せるのに物凄い勇気いりますね。では。

肉じゃが 

 今日のランチは、学校の食堂の肉じゃが定食でした。
ご飯が欲しくなる位味の染み込んだ肉じゃがってホント美味いですよv
 それと、最後の夜の授業で久々に教室を思いっきり間違えました。
その直前まで図書館で昼寝してましたので寝惚けてたのかと思います。あ、でも、もう既に夜でしたので“昼”寝とは言わないかもしれませんが……。
 しかし、慌てて正しい教室へ付いた時はまだ先生は着てませんでした。僕が到着した直後に先生が来ました。天は我々を見放してはいなかった! と、その時そう思いましたね。その直後に我“々”じゃないだろと一人突っ込みもかましました。
 では又。

マザー3プレイ記/拾伍 

 プレイ再開後、イキナリ入っていきました。クラブ・チチブーのライブ会場へ。
 いよいよDCMCのライブスタート!!
…………と、思いきや、もうライブ終わってた―――――!!?(゜д゜;;)

 OZL

 しかし、まだアンコールが残ってるとの事、DCMCのライブが聴けるチャンスはまだ残ってました。
 観客ゾーンにいる客達の中には、タツマイリ村の海岸にいたあの男女がいまして、何かしんごたちの知らない所で発展しておりました。
 観客席のまん前の特別席に座っている“コワモテブタマスク”ってのが両脇に美女(?)2人を侍らせていました。今にも、
「かれはすごいわよv」
と、言ってそうでした。って家庭用版KOFXIに出てくるMr,Bigかよ!ヽ(`д´)ノ 勿論実際はこんな台詞は言ってませんでした。

 そしていよいよお待ちかねのアンコール! 曲目は『キングPのテーマ』でした。“P”って何だ? プロデューサーか?

 演奏中、ウッドベースを弾いている男がいたのですが、毛が豊富にある以外はごろうとそっくりなタメキチがいました。

 ライヴ後の興奮が冷め切らない内に、秘密の地下道を通ってヨコヨシネーさん(バネッサ)のいる部屋へ向かうしんごたち。
バネッサがシャワー浴びてる間に待っていると、テロップが流れました。

 つよくなりたい……。

 しんごはコレまで以上にそう思うようになってました……。

 タメキチたちDCMCの楽屋へ、ブタマスクたちに見つからないように安全に向かう為、屋根裏部屋から向かうしんごたち。ちなみにバネッサは別行動でした。
 バネッサが入ってたと思われる“ヨコヨシ・スパ(「つかっていいよ」)”へ入り、体力回復して(一応コレまでの温泉と同じ扱いと思って下さい)、いざ屋根裏部屋へ。

 さっそく中には敵さんもそうですが、各地で見かける例の白ネズミが貪欲で集めたモノを売っている店屋、博多弁を操る白ネズミの老夫婦達の居間(コタツ付き)も見かけました。
 そのじーちゃんネズミからはこのみパンをもらい、ばーちゃんネズミからはクセのあるチーズをもらいました。多謝!
他にその居間から3つのプレゼント箱があったのですが、その中身は左から“すてきなもの”・“ステーキなもの”・“スシてきなもの”が入ってました。最前者のは抽象的でともかく、最後者のスシてきなものが個人的に一番欲しい物でしたりね。あ、でも“スシてき”だからこれも抽象的でないかも? じゃあステーキなものが一番具体的かな? どうかな?

 その屋根裏部屋の主(?)である“しっとにくるうベース”と対決後、無事にDCMCの皆さんの楽屋へと着きました。
 因みにメンバーの内訳は、ヴォーカルがOJ、ギターがバッチー、キーボードがシミー・ズミズ、ドラムがマジック、そしてベースがタメキチでした。
 どうやらタメキチはあのごろう本人のようでした。しかし、そのごろう本人は他のDCMCメンバーもそうですが、皆記憶を失っているらしいのです。ですので、ここでごろうを連れ戻すのは不可能でしたが、ここでDCMCの皆さんと“ジャンケス”(要はジャンケン)勝負をし、それで勝ったらごろうを連れ戻すという事になりました。それはつまりごろう――タメキチがDCMCを脱退することと同じでした。

 そして、そのジャンケス勝負に買ったしんごは、ごろうを連れて行く事となり、ごろう――タメキチはDCMCから去ることとなりました……。
 別れ際、他のDCMCの皆さんがタメキチの為にお別れの曲を演奏し、それを噛み締めるようにタメキチ――ごろうは、彼らとの思い出を思い出しながら聴いていました……。
「トンダゴッサ!」
それがタメキチとしてのごろうの最後の別れの言葉でした……。

 クラブ・チチブーを出たしんご、アントン、いつもの服に着替えたバネッサ、そしてカツラを取ったタメキチ、いや、ごろう。しんごはウエスさんから預かってた伝書鳩を空に放ち、DCMCのベースのタメキチはごろうだった事を知らせたのです。彼らは3年前ごろうが持っていた“ひかりのタマゴ(ハミングバードのたまご)”を、彼自身が隠しておいた“ヒトシラズのとう(?)”へ向かっていたのです。目的は勿論ひかりのタマゴを手に入れる為です。ブタマスク軍団よりも先に……。
 これでこの第4章はおしまいです。
では、トンダゴッサー!!

KOFなプレイ記。 

日記チャム絵

 バナナンケーキを頬張るチャムチャムです。
こんなん描いてて幸せ感じてるやつなんですよ僕は(^^*

 今日は久々のKOFやりに駅前のゲーセン行ってみました。
まずは2001をやってみたのですが、いつもの真吾拳崇チームではなくて、初の既存チームとなる日本チームでやってみました。

 真吾・京の師弟(?)コンビはともかく、紅丸と大門は始めて操作しましたが、紅丸って意外と使いやすくってビックリしました。もう真空片手駒と幻影ハリケーンだけでも行ける所は行けました。今の所やっぱり真吾のストライカー(弐百拾弐式・琴月 未完成)が使いやすかったり……。

 次はXIですが、こちらも最初は京&庵チーム以来の既存チームでやりました。ニューサイコソルジャーチーム(リーダー桃子)で。
新メンバーの桃子のリーダー超必の“えすぱ?!”ですが、アレ、ド○ゴンボールの技として出てきてもおかしくない技な気がします。あのエフェクト、あの威力……。で出しこそ隙だらけですが、あれには出したこっちがビックリしました。
「あ、何か出た(by真吾)」
って……。 とにかくあらゆる面で新生サイソルチームが大好きですv

 次からは、前と同じく今まで使った事の無かったキャラでやってみました。最初は紅丸(ついさっき2001で使ってましたが、それは対象外って事で)・ラルフ・クラークのチーム(リーダー紅)で、最後はエリザベート・アッシュ・ヴァネッサのチーム(リーダー灰)でやりました。

 紅丸の使いやすさはXIでも健在で殆ど彼だけで相手チームを倒したりしました。これって俗に言う“3タテ”ってやつですかね?
それで久々にラスボスの禍忌さんトコまで言ったのですが、勿論ボコボコにのされました……。どーやったら勝てるんデショ……?

 エリザとヴァ姉もなかなか使いやすかったですが、アッシュのリ超のあのコマンド(A・B・C・D)はなかなか新しいなと思いました。でもアレって同士押しなのか左から右の書き順に押せって事なのかイマイチ覚えてなかったりするのです。ただ1度だけ成功したっぽいのですがね……。

 とKOF話は終わりです。
ついでにポップンフィーバーもやりました。念願のししゃもの曲『フレッシュ』をやりましたが、クリアしたのはよかったと言えばよかったのですが、
 …………ししゃも………* 。* * 。。( ノд`)
 ボップン史上勝ったら複雑な気持ちになっちゃう曲でしたね。いや、ししゃも好きだからこそなんですがね……。でもかわいかったなあししゃも(待て

 では又。

マザー3プレイ記/拾肆 

日記ししゃも絵



 上の絵はノート日記のししゃも(ポップンシリーズ)です。ポップンシリーズでは最愛キャラだったり……。


 今日の『マザー3』はマジックバタフガエルの所からクラブ・チチブーの所まで行きました。
 途中の敵キャラで“きのこいぬ”って言う昔のあるくきのこに胞子まかれたっぽい敵キャラが出てきてビックラこきました。で、そのキャラを倒すともらえる“イヌようクッキー”はアントンが食べますと体力が60回復するのに対し、人間キャラが食べますと6しか回復しません。つーかそもそも人間が食べててお腹壊しませんですかね?(^^;;
 途中で電車が向こう側から来たのですが、寸での所で回避しました。何か映画チックですね(?)。
 しんごのPKKOF!α(PKカッコイイモノα)も前作までのそれっぽくてマンゾクですv

 ようやくクラブチチブー近くのコーバへ付き、そこではタイマツリ村の人々やネンドじんがいまして、チチブーへ通じるロープウェイのチケットを得る為に、そのコーバでアルバイトする事となりました。
 バイトの内容は、コーバ現場の疲れたネンドじんを上の作業場まで3体運び出すってだけでして、給料は日払い制で日当200DPプラスロープウェイチケットです。
 ちなみに、ボニー用の仕事ってのもありまして、その内容は自家発電でした。先輩犬や先輩豚と共に自家発電で走ってました。で、しんごがリフトで疲れたネンドじんと一緒にリフトで1階のフロアに戻るといちいち吠えてくるのがカワイイのなんのってv

 バイトを終え、仕事先輩達から激励の声を聞きながら日当200DPとロープウェイチケットを手に、いざクラブ・チチブーへ向かうしんごとアントン。途中で開けるとその場で放つ花火入りプレゼント箱を開けて(そうか…。)とコメント欄に書かれてました。コレ、打ち上げ花火版もチチブー付近でありました。シチュエーション殆ど同じでした。
 しんごもバネッサ(クマトラ)の様に熱っぽくなり、その後「ライフアップβ」を覚えました。

 タイにありそうな“ぞうのぞう”が遂に立っている所にクラブ・チチブーがありまして、ペットと未成年禁止なのですが、アントンは変装で、しんごは中から出てきたウエイトレスのヨシコシさんの特別許可でどうにか無事に入れました。
 しかしね、そのヨシコシさんがまさかバネッサ(クマトラ)だったなんてな……。ちなみにヨシコシって打って変換したら“良子氏”って出ました(核爆)。まるで“あるくしげみちゃん”系の敬称が名前の一部系かと思いました(思うなよ)。
 チチブー内の売店でグッズ(DCMC関連含む)を買い漁り、DCMCって“ミニらくごかい”ってのもやるんだと何とも斬新な(?)イベントの存在を知ったり、ものすごく場違いな“おつけもの”まで売ってるのを見かけたり……。結局それは買いませんでしたが、実際僕はミネラルたっぷりって言うんでよく食べてますがね。こういう食べ物に関する遊び心ってマザー独特と言うか何と言うか……。

 最後はドコに居ようと仕事は忘れてない男子トイレに居たセーブガエル(勿論拭き済みv)にセーブしてもらい今日のプレイは終了しましたとさ、めでたしめでたし。


 とまぁこんなトコでした。
では、トンダゴッサ!(DCMCの挨拶)

マザー3プレイ記/拾参 

日記アナ絵



 任天堂の新ハード・“Wii(ウィー)”にて新作発表された『メイドインワリオ』の刀姉妹の妹のアナです。
 携帯ゲーム機のと違って一人用プレイに特化されてなけりゃ、残念ながら購入を諦めざるを得ないのですが、もしそうであってもオンライン対戦とか出来るのであれば買おうかなあ。



 今回の『マザー3』のプレイは3年間の時間の流れで、色んな意味で変わってしまったタツマイリ村の捜索と、例のバンド・“DCMC”が演奏していると思われる“クラブ・チチブー”なるバンドハウスへ向かう途中までプレイしました。

 まずオソヘの城。相変わらずおどろおどろしいとこですが、よいお化けたちはあいかわらずパーティーやってるみたいでした。そのパーティー会場近くの崩れたかっちゅうたちに台詞が付いて思わず吹きました。こういうとこってマザーらしいですね。
 ちなみに、キッチンのオバケが……、
「りょうりがしたい…。りょうりがしたい…。あああ! りょうりがしたい! ばけてでてやる!」
もう出てますやん(^^;;
 つづいて西の海岸。“2”で言うなら“サマーズ”の様なビーチとなってました。まぁ別に嫌いじゃないですよ、うん。スーツ型水着ってあるんですか?
 海岸へ来る途中にまたもや雷の被害によって破壊された家の隣の留置所にて牢に入れられている人と犬がいまして、その牢の扉のおまわりさんが必死にその扉を見張っていますが、これは3年前きょうが脱獄するさいにドアノブが壊されましたのが原因と思われます。折角(一応)豊かになったんですし、その金でドアノブ修理すればいいのに……。
 そういえば、アレックさんのあの小屋も雷にやられましたっけ……。スタート直後にみたあの場面はもう見られないのか……。ちなみに、その丘あたりの敵キャラってまだまだ強すぎませんか?

 今のしんごはどうやら村人に対してあまり評判がよろしくないみたいです;; そんなに邪険に扱わなくても……。**。*( ノд`)
 線路に沿って先へ進みますと、“2”でもお馴染みの“あるくきのこ”と遭遇しました。懐かしいなあ。でも今回は頭にきのこを生やす事は出来ないみたいです。ヒーラーさん達がいないからかな?
 しんごとアントンは又もや“2”でもおなじみのあの“マジックバタフライ”を発見し、その力でリラックスできました。そういやプレゼント箱からマジックバタフライが出てくるのはこの“3”が初めてかも。
 で、アントンが見つけた“おんなものらしいふく”を見つけた先の上の温泉に、3年前にきょうとアレックが出会ったあのマジプシーのイオニアと初対面を果たしました。ケンスウとは出会ったことあるので、最初の内はしんごの事をケンスウと勘違いしてたようです。
 そのイオニアさんはしんごの内なる力を見抜き、その力を引き出すために“何かを”しました。そしてしんごの中になにかが目覚めた! …………こう書くと捉えようによってはヤバイですね。だって原作でこういうこと書かれたっぽいですし…。最もその何かってのは勿論PSI能力ですがね。これでしんごにもやっととくぎが加わりました。
 そのPSI技は「ライフアップα」・「PKヒーリングα」・「PKオフェンスアップα」・「PKディフェンスアップα」を覚えまして、最後に、心の奥底から力がみなぎり、ついに「百拾四式・荒咬み未完成PKKOF!α」も覚えました。コレで大抵の敵も怖くありませんv ボディが甘いぜ!

 最後のセーブは今回最もウケた“マジックバタフガエル(笑)”にセーブを頼みました。彼は自分の名前に誇りが持てないようです。
 最後に、アレックさんの小屋の跡地近くのプレゼント箱のワルツのリズムと、海岸のそれのレゲエのリズムって一体何の意味が……。なるほど。



 今日は此処までです。
KOFやりてえなあ。ポップン14フィーバーは何気に毎日やってますが(^^;;
 では又。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。